大女優殺人事件のあらすじやキャストを紹介!アガサクリスティの原作まで調査!

この記事は3分で読めます

こんばんは!かずです!!

3月25日(日曜日)の夜9時からテレビ朝日にて「大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜」が放送されます!

こちらはアガサ・クリスティの推理小説の「鏡は横にひび割れて」が原作となっています。

事件

アガサ・クリスティ原作のドラマは過去にも放送されていて、「そして誰もいなくなった」の視聴率は、かなり良かったそうです!

今作も高いクオリティのものが期待できそうですね!!

今回は、大女優殺人事件のあらすじやキャスト、アガサクリスティの原作まで紹介していきます!

まずは、あらすじキャストから見ていきましょう!!

1.大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜のキャストやあらすじは?

まずは、キャスト一覧です!

相国寺竜也ー沢村一樹
 
 
彩まど香ー 黒木瞳
 
 
海堂あきらー 古谷一行
 
 
朝風沙霧ー財前直見
 
 
神ノ小路凛ー 平岩紙
 
 
神ノ小路公記ー 中原丈雄
 
 
多々良伴平ー 荒川良々
 
 
軽鴨兵庫ー八嶋智人

岬笛子ー水沢エレナ

谷口小雨ー川口春奈 

 
段原平臣ー 津川雅彦

 
朱田〆子ー西尾まり

こちらが出演者一覧になります!

やはり、アガサクリスティ原作のドラマにふさわしい大御所の方から、二枚目、三枚目の役者の方々が
揃っていますね!

個人的には荒川良々さんがとても好きなので、今回のドラマに出演されていて
嬉しく思っています!

続いて、あらすじの紹介をしていきます!

今回のドラマのあらすじが気になりますよね!先にあらすじを頭に入れておくのと、入れておかないのでは、話の内容の
理解度が大きく変わってくると思うので、あらすじを紹介します!

映画界の大物女優・綵まど香(黒木瞳)が13年ぶりにスクリーン復帰を飾る映画『鹿鳴館の華』――まど香の夫でもある監督・海堂粲(古谷一行)がメガホンをとった同作品が、マスコミ大注目の中華々しくクランクインする。

まど香が撮影の間の滞在のためだけに購入したという屋敷で開かれたパーティーの最中、その屋敷の前持ち主・神ノ小路凛(平岩紙)が死亡。劇薬が含まれる鎮静剤を飲んでいたダイキリに混ぜるという周到な殺害方法から、警視庁捜査一課・特別捜査係の警部・相国寺竜也(沢村一樹)は「明らかな計画殺人」と位置づける。

さらに聞き込みの結果、そのダイキリは凛が飲んでいたものではなく、まど香のものだったことが判明。狙われたのは実はまど香だったのか、と思った矢先、そのダイキリを作ったのは夫の海堂だったことがわかる!

パーティー会場で招待客たちが撮っていた写真を片っ端から集め、証言と照らし合わせながら現場の状況を確認していく相国寺。その中で彼が気を留めたのは、まど香が階段の踊り場に目を向けたときに“何かに驚いたような表情”をしていたということだった。
 
まど香は何を見て驚いたのか――それを聞こうと彼女を訪ねた相国寺は、そこでまど香がこの数日で3通の脅迫状を受け取っていたことを知る。脅迫状のことは夫である海堂には言わないでくれ、と懇願される相国寺。

状況的に海堂の怪しさが増していく中、まど香の元に「キサマが自分のグラスにクスリを入れるのを見たぞ」という妙な電話が…。さらに、飲もうとしたコーヒーにヒ素が混入されるという事態も起こる!
 

間一髪、ヒ素入りのコーヒーを飲まずに済んだまど香だったが、その直後、海堂の秘書・朱田〆子(西尾まり)がアレルギー用の吸入器に混入したヒ素で殺害されてしまう。
 

その後も、相国寺たちの捜査により、かつてまど香が、ライバル女優の朝風沙霧(財前直見)と、ひとりの男性を巡って争った過去があることが明らかに。次々と衝撃的な事実が判明していく中、ついに3人目の犠牲者が出る…!
(テレビ朝日HP より引用)

2.アガサクリスティ原作の「鏡は横にひび割れて」を紹介!

鏡は横にひび割れて」は、1962年に刊行されたアガサ・クリスティの推理小説。マープルシリーズの長編第8作目にあたる。 本作の題名は、アルフレッド・テニスンの詩「シャーロット姫」 (en:The Lady of Shalott) が由来となっているようです。

アガサクリスティの「鏡は横にひび割れて」が刊行されたのが、1962年というのは驚きですよね。

本が刊行されてから約50年が経とうとしているにもかかわらず、現在でもドラマ化されるというのは
やはり、今現在でも作品が読者の皆様に愛されているという証拠ですね!

あらすじは、「大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜」で紹介した通りですが、やはり時代背景、主人公、村という点は原作とは少しは変えているようですね。

こちらの物語の主人公は、ジェーン・マープル、セント・メアリ・ミード村に住む探偵好きな独身の老婦人

この老婦人が難事件を解決に導いていきます!

原作を読んでから、今回のドラマを見ても良いかもしれませんね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫) [ アガサ・クリスティ ]
価格:972円(税込、送料無料) (2018/3/20時点)

3.まとめ

今回は、3月25日(日曜日)の夜9時からテレビ朝日にて放送される「大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜」の
キャストやあらすじ、アガサクリスティの原作の紹介をしてきました!

アガサ・クリスティ原作ということもあり、本格的な推理が楽しめるかと思います!

本編の放送まで、残り約1週間ですが、どんな展開が待ち受けているのか、楽しみですね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!