【冬フェス2018】全国のオススメロックフェス5選! 持ち物や服装も徹底調査!楽しむためのコツを紹介!

この記事は4分で読めます

どうも!かずです!

今回は年の瀬のお楽しみ!

全国のオススメ冬のロックフェスをご紹介します。

冬フェスでは、夏フェスとは異なり、屋内で行われているものが多く、快適に過ごすことが出来ることが多いです!
フェスに行ってみたいけど、なかなか行けていない…という方にオススメです!

1.全国のオススメ冬フェス5選を紹介!

日本全国で、様々なフェスが開催されます!今回は、主要と思われる5つのフェスについて、紹介していきたいと思います!

①COUNTDOWNJAPAN18/19



日程 : 2018年12月28日 (金) 12月~31日 (月)

会場 : 幕張メッセ国際展示場1~11ホール

チケット代 : 12/28〜12/30 1日券11,500円

12/31 1日券12,000円

12/28〜12/29前2日通し券21,000円

12/29〜12/30中2日通し券21,000円

12/30〜12/31後2日通し券21,500円

12/28〜12/30前3日通し券28,000円

12/29〜12/31後3日通し券28,500円

12/28〜12/31後3日通し券35,000円

開場 :  12/28〜12/30 10:30

開演 :  12/28〜12/30 12:00

終演 :  12/28〜12/30 20:30

開場 :  12/31 13:30

開演 :  12/31 15:00

終演 : 12/31 29:00

一年の終わりと、一年の始まりを同時に楽しむことができる幕張メッセでJ-WAVE主催のJ-POPフェスティバルイベントです。

その規模は日本最大でもっともメジャーなフェスです。

ロックやヒップホップ、R&Bなどジャンルを問わずに楽しめます。

    ②MERRY ROCK PARADE

    日程 : 2018年12月22日 (土)~24日 (月祝)

    会場 :  ポートメッセなごや1号館~3号館

    チケット代 :  1日券 : 7,560
    3日通し券 : 20,520
    1日券(SFP有料会員料金) 7,020 円
    3日通し券(SFP有料会員料金)19,440 円

    開場 : 09:30

    開演 : 11:00

    終演 : 21:00

    名古屋の冬のロックの祭典MERRY ROCK PARADには、話題のロックアーティストが名古屋に集結します。

    ③ポルノ超特急2018-5th ANNIVERSARY-



    日程 : 12月22日 (土) 23日 (日)

    会場 : 京都パルスプラザ

    チケット代 : 1日券 6,100円(税別・全自由)
    2日券 11,000円
    金色シート 1日 14,800円(税別)
    2日券 24,800円(税別)(全席指定、おみや、座席指定引き換え券付き)

    開場 : 10:00

    開演 : 11:00

    ROTTENGRAFFTY主催の音楽フェスです。

    会場を京都パルスプラザに移してから、2018年で5周年を迎えるイベントです。

    ④FM802 RADIO CRAZY


    日程 : 12月27日(木)~12月28日(金)

    会場 : インテックス大阪
    チケット代 : 1日券 :  8,800円 (税込、オールスタンディング、6歳未満入場無料)
    2日券 : 16,800円 [税込、オールスタンディング、6歳未満入場無料]

    開場 :  9:00

    開演 :  11:00

    西の忘年会と言う感じの年末フェスですかね。

    平成最後の今年はこれまで以上に特別な企画が行われる予定で、その第1弾として「RADIO CRAZY 10回開催記念特別サッカーTシャツ&タオル」が販売予定。

    詳細はフェスのオフィシャルサイトで確認してみてくださいね。

    ⑤COUNTDOWN GT2019

    日程 : 12月31日(月)

    会場 : ダイバーシティ東京プラザ Zepp DiverCity(TOKYO)

    チケット代 : スマチケ ¥7,500(税込・ドリンク代別)

    開場 : 11:00

    開演 : 12:00

    終演 : 5:00

    イベント制作会社Livemasters Inc.によるカウントダウンイベント〈GT2018〉が、東京・Zepp DiverCity TOKYOにて平成最後の12月31日に開催されます。

2.持ち物や服装も徹底調査!

まず大事なのは服装です。

冬フェスは屋内のイベントが多いので外の寒さと、会場内での寒暖差に注意が必要です。

荷物が預けられるロッカーはほぼ用意されておりますが、混雑も予想されます。

暖かく、屋内では持ち歩きに軽いダウンがオススメかと思います。

また、オールナイトフェスは仮眠も必要な場合があるので、大判のストールがあると便利でしょうね。

足が冷える方も多いと思いますのでカイロも必要ですが、小ぶりなカイロが重宝しますよ。

はしゃぎたい方は両手がフリーになる小ぶりなリュックウエストポーチもオススメですね。

音楽フェスに行くとよく見かける、色とりどりカラフルなハーフパンツをはいた集団はフェスファッションの定番アイテムのDickiesのハーフパンツ、通称〔ディッキ〕です。

ディッキは少しお値段がお高めですが、フェス好きの方は持っていて損はないかと思いますよ。

1枚持っていると、好きなアーティストのTシャツやパーカーと合わせるだけでフェスファッションの出来上がりです。

丈は長くワイドめのハーフパンツなので、冬フェスには下にレギンスを履くことをオススメします。

RADIO CRAZYは中庭を通って別会場に移動するため、外と会場の行き来に寒暖差が20℃を超えることもあります。

入場制限で屋外での待ち時間も長いので、〔ディッキ〕ファッションをする場合は、下にレギンスを履くのが必須となりますので、お気を付けください!

3.楽しむためのコツを紹介!

COUNTDOWNJAPAN18/19では公式のアプリがリリースされます。

このアプリには〔マイタイムテーブル〕という機能があり、アプリ上でタイムテーブルを自分用に組み替えることが可能です。

○○を観てからご飯たべて、△△を観てから軽食して・・・のように事前にアプリで、マイスケジュールを立てられるので行く前からワクワクしちゃいます。

フェスといえば、チケット以外にもグッズにお金がたくさんかかりますよね。

ついつい行列に並んでしまい買ってしまいがちなグッズ。
でも、実際買ってもその場のノリで終わってしまい「いつ着るんだろう?」「いつ使うんだろう?」

と思う事も多々あります。

そんな後悔をしないようにしっかりと吟味しましょう。

また、フェスでは、飲食ブースが用意されています。

飲み物はソフトドリンクが200円前後食べ物は800円前後で食べられると思います。

オリジナルメニューなどもありますので、各フェスのホームページをチェックしてみましょう。

各フェスのホームページに掲載されている注意事項をよく確認し、長丁場なのでしっかりスケジュールを立て、無理をしないようにライブを思いっきり楽しみましょう。

4.まとめ

冬フェス参加での注意ポイントは、屋外と会場内の寒暖さに気をつけること
荷物の軽量化でしょう。

大きな荷物は会場のコインロッカーやクロークにを預けて、思いっきりはしゃぎましょう。

絶対に忘れてはいけないものはチケットです。

最近では電子チケットの場合も多いようですが、紙のチケットの場合は絶対に忘れられないものなので、一番にカバンやお財布に入れておきましょう。必ず出し入れしやすい場所に入れておくのが大切です。出し入れするときに、落とさないようにすることだけ、注意しましょう!

冬フェスのあとは、新年を迎えます。体調など、崩さないように楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!