牛乳の賞味期限は1週間過ぎても大丈夫?確認方法は?

この記事は3分で読めます

牛乳の賞味期限切れって怖いですよね。

賞味期限切れの牛乳を飲んでお腹が痛くなり、その日は1日調子が戻らなかったなんてこともありえるので、なるべくそういったチャレンジはしたくないですよね。

1週間くらいなら大丈夫ではないか?という期待を持ちながら飲んだらダメだったなんてことはなるべく起こしたくないものです。

そこで今回は、牛乳の賞味期限についての調査をしていきたいと思います!



1.牛乳の賞味期限は1週間過ぎても大丈夫?

 
賞味期限・・一時間でも過ぎたら絶対捨てる!』と言う人もいれば『賞味期限なんて・・関係ない!味が変でなかったら平気』と意見が分かれる事よくありますよね。

ひと昔前と違い、現代社会では特に「賞味期限」や「消費期限」の明記も厳重化され、敏感になっています。

とは言え、腐敗が始まっていれば当然、変化が現れます。それを摂取することは繁殖した菌を口から入れている訳です。

今回、「牛乳は、賞味期限より1週間程度なら何もしなくてもそのまま飲めるのか?」という課題で調べてみました!

    ◆牛乳の食あたりの症状は?

    吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・発熱(おおよそ37~38℃)が、牛乳の食あたりの症状。

    自宅で安静にしていれば、おおよそ数時間ほどでほぼ回復出来るでしょう。時間がかかっても、1日あればおおよそ治るのが、ほとんどです。

    最悪の場合「食中毒」になる危険性もあります。

    特に子供やお年寄りが食あたりになった場合には、免疫力が低いため下痢や嘔吐による脱水症状に注意し、心配なときには病院を受診をおすすめします。

    ◆牛乳の食あたりの原因となるのは、時間の経過などによって増殖した「黄色ブドウ球菌」

    人間の皮膚・口腔・鼻腔などには「黄色ブドウ球菌」は存在していますが、あまり毒性はありません。しかし、温度が20℃以上になると「エンテロトキシン」という毒素を作り始めます。

    このエンテロトキシン食あたりを引き起こす原因となります。

    まず、「未開封と開封後で期限が違う」ということを頭に入れてください。

    メーカーは安全性を高くするために実際に検査で出た賞味期限よりも短めに設定するみたいです。

    なので、未開封の場合賞味期限が切れてから一週間程度は大丈夫、2、3日過ぎてもおいしく飲むことは可能という情報が、ほとんどでした。

      低温殺菌牛乳  消費期限5日程度
      通常の牛乳   賞味期限8日程度
      ELS製法の牛乳  賞味期限14日程度
      ロングライフ牛乳  賞味期限60日程度

    ◆賞味期限が切れてからでも飲んでも良いという場合の基準

    ・購入後、未開封であること。

    一度開封すると「賞味期限」の日付は無効になります、最低限の賞味期限の条件です】

    ・購入後、すぐに冷蔵庫に入れてあること。

    【夏の暑い日に買い物して、すぐに冷蔵庫に入れなかった時などは一週間持たない可能性がある】

    ・10℃以下で冷蔵保存してあること。

    【冷蔵庫内が食品で一杯だったり、開け閉めが多く温度設定が弱かった場合、冷蔵庫内の温度が高くなっていることがある】

    ◆賞味期限が切れてから飲んではダメな場合の基準

    ・開封後2日~3日以上過ぎている。

    【一度開封した牛乳は酸化が始まってしまうため、腐敗や劣化が起こり、未開封のものよりもはるかに悪くなるスピードは速い】

    ・冷蔵庫の温度管理が良くない。

    【冷蔵庫内の温度が高くなっていたり、物が沢山詰まっていると細菌の繁殖を助け、腐敗のスピードがあがる】

    ・見た目・匂い・味 に異常がある。

    【「分離・ツブツブ・ヨーグルト状・異臭・苦味・酸味」は、明らかに腐敗している】

・飲む人によって違いはある

牛乳を飲むのが誰なのか?に注意すべき」でしょう。

細菌への感染のしやすさは人によって異なり、特に子ども、高齢者および、免疫に欠陥のある人は十分注意すること。

また、匂いではわからない細菌もある為、「特段の異臭がしないから安全だ」と判断するのはNGです。

口に直接つけて飲んだ牛乳は、牛乳に菌が入り繁殖し、他の人が飲むとで菌を移すことになるので、必ず飲む量だけコップに移してから飲むことを心掛けてください。

飲みきれなかった牛乳は、出来るだけ潔く廃棄することが大切です。



2.確認方法は?

それでは、実際にどのように確認すれば良いのか?というところについて見て行きましょう!

    ・実際に大丈夫か大丈夫ではないといったときの見分け方や確認方法

    ・ヨーグルトみたいになっていたり、口をつけた時に酸っぱい臭いがしたり、黄ばんでいたら、傷んでます!

    1. 目で見る→分離したりツブツブが出ていたりヨーグルト状になっている。

    2. 臭いをかぐ→普段と違う臭いがする。

    3. 味をみる→苦味・酸味がある。

    4. 温めてみる→固まる・分離する。

頼りになるのは五感である!

名言風に言っていますが、しっかりと五感を研ぎ澄ませましょう

子供や高齢者がいる場合、できるかぎり周りが注意することが大事です。

3.まとめ

ということでまとめてみると・・・

『牛乳の賞味期限が未開封の状態で1週間過ぎていてもちゃんと冷蔵されていれば3日位なら問題はないが、開封後コップなどに移し2日~3日で飲みきる』。

それ以上経っていて捨てるのはもったいない場合は、コップに移し目で色・状態を確認し、鼻で匂いを確認し、少しだけ舌で味を確認する等、自分の五感で確認すること。

・・・ということになり、開封後に関しては、ほぼ定義はなく、あくまで『五感』ということになるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!