釣り竿やリールの初期費用を調査!魚を釣るためのコツや心構えを紹介!

この記事は3分で読めます

釣りといっても海釣りや川釣り、狙う魚などでまったく違うアプローチをするものですが、ここではまずは始めたい!という方のために、釣りを始めるために必要なものをご紹介します。

釣りをするのに絶対に必要な釣り竿やリールはいくらぐらいで手に入るのか、魚を釣るために覚えておきたいことなどを今回はご紹介していきたいと思います!

1.釣りの竿やリールの初期費用を調査!

    1.「竿とリール」2000~3000円

    どんな釣りに挑戦したいか絞りきれないという方には、ルアー釣りに使えるロッドなら海釣り・川釣り関係なく、ルアー釣り・餌釣りの両方にも使えるのでおすすめです。

    餌釣り用の竿は少し柔らかくルアーは扱いにくいでしょう。

    ただ、ルアーロッドはサビキ釣りをするには少し短いため仕掛けを扱いづらいので、2~3mぐらいの長めのルアーロッドのセットがおすすめです。

    最初のリールとしておすすめするのは、定番のタイプのスピニングリールです。あらゆる釣りで使用することができ、糸が絡まるなどのトラブルも少ないのが魅力です。狙い目はセットで2000~3000円のタイプです。

    初めての釣り道具を購入するなら、ロッドとリールのセットで2000円~3000円の程度の商品がおすすめ。安いセットだからといって、魚が釣れないことはありません。

    2.「水汲みバケツ」1000~2500円

    コンパクトなもので、ハンドルに巻いたロープ付きのものが便利です。

    3.「ペンチ」1000円

    錆びないステンレスで軽量なもので釣り専用を用意してください。

    4.「はさみ」1000円

    刃が片手で出し入れできるものが便利です。

    5.「クーラーボックス」5000円

    13~16Lくらいが手ごろなサイズです。釣り専用のものを。

    6.「仕掛け入れ」2000円

    蓋がしっかりしているもの。

    7.「手袋」1000円

    魚をしっかりと掴めるような、釣り用の手袋があります。

    8.「餌箱」1000円

    木製で用意してください。

    9.「服装」家にあるもの

    帽子は必ず用意してください。

    温暖な季節はスポーティなカジュアルウェアで充分です。

    ジーンズにTシャツ、軽快なアウターの組み合わせでも。靴は行く場所にもよりますが、釣り専用の長靴が必要な場合もあります。

    以上の物をそろえるとなると、だいたい2万円以下で用意できます。服装にもこだわるともう少し必要なので注意してください。本格的な場所に行くなら、服装も気を付けないと危険を伴います。

    ですが、ひとまず始めたいという場合は、近場の海や河原からという方が多いと思いますので、それでしたら家にある運動向きな服装で問題はありません。



2.魚を釣るためのコツや心構えを紹介!

    1.良い師匠につく

    身の回りで釣好きな人はいませんか?

    友人、親戚、職場の仲間、取引先の担当者、近所の人、もしいたら迷わず師匠になってもらうようにお願いしてみましょう。多くの釣好きは釣り仲間が増えるのを喜びますし、積極的に教えてくれるでしょう。

    2.優良な釣具店の常連になる

    “優良な”釣具店であることが大切です。

    もし対応がずさんだったり初心者を見下ろすような姿勢が見られたりした場合は、ためらいなく店を出て別の店を探しましょう。

    ・釣れる話だけでなく、釣れない情報も知らせてくれる

    ・高価な道具ばかり勧めず、道具の値段と技量とのバランスを考えながら技量にあったものを勧めてくれる

    ・自分の釣り方を話すことができ、謙虚に教えてくれる

    これらができるかどうかをチェックしながら店を選んでみてはいかがでしょう。

    3.性能に不足のない道具を使う

    道具で腕が決まるわけではありませんが、道具が釣果に影響することはよくあります。軽くて扱い易いサオや、使い勝手の良いリールは、釣りを楽にし、楽しくしてくれるでしょう。

    4.身近な釣り場に通い続ける

    同じ釣り場に通っても面白くないと思われるかも知れませんが、釣り場は自然の只中であり、同じ状況が2度起こることはありません

    似ていても、天気や気温、風、釣り人の数など、様々な要因が異なります。むしろ、一つの釣り場だからこそ、条件の違いが釣り方にどのように影響するのかを知ることができると思います。

    5.仮説を持って臨む

    ある程度できるようになったら、自分で考えて釣りをすることが必要だと思います。自然条件により魚がどのような行動パターンを取るかを予測し、その予測の下ではどのような釣りをすればよいかを考えましょう。

    どうやって魚を誘い出すか、どうやってエサに食いつかせるかについて仮説を立て、その仮説を試してみて下さい。


3.まとめ

いかがでしたか。案外手軽に釣りを始めることができそうですよね。生き物が相手だけに、上達の秘訣は「試行錯誤」することです。いろいろと試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!