キャンプ料理で簡単なものは?便利な道具も調査!

この記事は3分で読めます

大自然の中で楽しむキャンプって良いものですよね!そんなキャンプの中でも食事って大きな楽しみの1つですね。仲間内でワイワイしながら料理を作るなんていうのもとても良い思い出になるのではないかなと思います。

ですが、普段全く料理をしない人間がいきなりキャンプ場などに行って料理が出来るものでしょうか?やはり、普段から料理をしていなければ包丁で具材を切るという行為もままならないでしょう。

そんな方でも、しっかりと料理のお手伝いが出来る簡単なメニューがあるのです!

今回はキャンプ料理で簡単に出来るものや、その料理に使える便利な道具も調査してみました!

1.キャンプ料理で簡単なものは?

キャンプの楽しみの一つとして、料理があるかと思います。しかし普段あまり料理をしない人にとっては、ちょっとハードルが高いようなイメージもありますよね。

そこで料理初心者の方でも、キャンプで楽しく簡単に作れる料理を5つほど紹介します!

    ★王道!バーベキュー★

    <材料例>

    肉各種・シーフード各種・野菜各種。

    ☆ポイント

    キャンプ料理の王道と言えばバーベキュー!材料を切って串に刺すだけ♪

    ★キノコ&レモンのバター炒め★

    <材料(4人分)>

    えのき・・・・・・・・2パック
    ぶなしめじ・・・・・・2パック
    エリンギ・・・・・・・4本
    バター・・・・・・・・大さじ2
    塩、黒胡椒・・・適量
    パセリ(みじん切り)・適量
    レモンスライス・・・・4枚
    レモン汁・・・・・・・大さじ2
    白ワインか酒・・・・・大さじ2

    ☆ポイント

    レモンとバターの相性抜群の1品!

    バターを溶かして きのこ類とレモンスライス、レモン汁、酒を入れて2分ほど加熱。

    最後に塩、胡椒で味を調えパセリを上から散らして出来上がり。もう一品欲しいなというときや、ちょっとしたおつまみが欲しいときにもってこいです!

    ★フランスパンのガーリックトースト★

    <材料>

    フランスパン
    すりおろしにんにく(チューブタイプでもOK)
    オリーブオイル
    バター
    パセリのみじん切り

    ☆ポイント

    同量のバターとオリーブオイルを耐熱皿で溶かし、すりおろしにんにくを加えて混ぜる。

    このガーリックバターを、フランスパンにたっぷり塗って焼くだけ!

    パセリをふれば風味も見た目もUP!

    ★まるごと!玉ねぎスープ★

    <材料(1人分)>

    玉ねぎ       1個
    固形コンソメ    1個
    水         500cc
    黒胡椒(白胡椒でも)お好みで
    パセリのみじん切り 少々

    ☆ポイント

    玉ねぎをまるごと水から煮込むだけ!

    超簡単です。濃い目の味がお好みであれば、煮る時間を長めで!

    ★スモア(焼きマシュマロ)★

    <材料>

    クラッカー(ルヴァン)
    チョコ入りマシュマロ

    ☆ポイント

    スモアは、焼き方・作り方も色々。

    その中でも一番簡単・お手軽なものをご紹介!

    チョコ入りマシュマロを焦がさないように焼き目を付け、クラッカー(ルヴァン)で挟むだけ!クラッカーの塩気もアクセントに!

2.便利な道具も調査!

「料理って苦手・・」「キャンプだとどんな風に調理したらいいのか分からない・・」そんな人も嘆くことはありません!文明の利器に頼っちゃうのもアリだと思います。そんな便利グッズを紹介します。

    ◇バーベキューにお役立ち!◇

    肉つかみ

    バーベキューをするときに困ってしまうのが、手が汚れてしまうこと。大きめの食材や焼き立ての肉を切る時に押さえたり、料理を取り分けたりと大活躍です。

    バーベキューだけでなく普段のお料理にも使えるので、アメリカでは大人気らしいですよ。

    ◇燻製に!◇

    キャンプならではの調理法「燻製」は、是非チャレンジして頂きたい1品です。

    香ばしいかおりと癖になる味わいがたまりませんよね。ただこの燻製難しそうだし面倒・・というイメージがあるかもしれません。そんなあなたにお手軽燻製グッズがあるのでご紹介します!

    新富士バーナー(SOTO)いぶし処 スモークポット

    アウトドアはもちろん、自宅でも気軽に燻製が作れる便利グッズです。丸みを帯びたかわいい形もおしゃれで、フタもカラフルにレッド、イエロー、ブラウンと、3色から選べます。

    キッチンのデザインに合わせて選べるのも嬉しいですね。他にも美味しい燻製作りのポイントになる、温度管理に便利な温度計も付いています。収納場所に収まりやすい大きさもポイント高いです。

    ◇炊飯に!◇

    キャンプでご飯を炊くなら飯盒。ですが、最近は「ライスクッカー」なんていう進化した飯盒(はんごう)があるんですね!

    トランギア(trangia) ラージメスティン TR-209

    このライスクッカーは、スウェーデンで創業した「トランギア」というバックパッカー向け・軽量・高い耐久性の製品を数多くリリースしているメーカーのものです。

    弁当箱のような形をしていて、アルミ素材で作ってあるため熱伝導が素早く均一で、ホカホカの美味しいご飯が炊けるそうです。

    3合までのご飯を炊けるのでファミリーでの使用にもオススメです。

    さらに、焚き火や炭火の炊飯だけでなく、アルコールバーナーも使用可能なので使い勝手が良いです。

    フタは食器としても使えるので、荷物の軽量化の一助にもなります。持ち手を折りたためるので使用後の収納もコンパクトでおすすめです。

3.まとめ

今回はキャンプで気軽に楽しめる料理や便利グッズを紹介しました!道具や料理にこだわるキャンプも良いですが、難しく考えずにササッと楽しめるキャンプもいいですよね。今度の週末辺り、気軽に近場でキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!