ニンニク栽培の植え付け時期はいつがいい?植え方のコツも紹介!

この記事は2分で読めます

ニンニクといえば、家庭菜園で人気の野菜ですよね。
ですが初心者の方が育てるには、植え付け時期を把握したりと、経験やコツが必要です。

しっかりとした知識をつけることで、ニンニクの栽培の失敗を防ぐことができます。なので、あらかじめ必要な知識は押さえておきましょう!

そこで今回は、ニンニクの植え付け時期と植え方のコツについてご紹介します。

1.ニンニク栽培の植え付け時期はいつがいい?

ニンニクの植え付け時期は9~10月が良いです。

気温によってうまくいくかどうか決まりますので、出来る限り温度差のない時期に植え付けましょう

というのも、温度差の激しい時期に植え付けてしまうと、ウイルス系の病気になりやすく、失敗する恐れがあるからです。

目安としては、地温20℃前後の時期に植え付けると良いでしょう。

2.植え方のコツも紹介!

では、ニンニクの植え付けで成功するためのポイントと、植え方のコツをご紹介していきます。

●ニンニクの植え付け・植え方のポイントと注意点

    ・プランター

    プランターの大きさは、幅65cm、深さ25cm以上のものを用意しましょう。

    この際に覚えておいて欲しいのは、プランターで育てる場合、畑で育てるよりニンニクの丸みが少し小さくなる点です。大きくなって欲しい人は畑に植え付けましょう。

    プランター栽培で大切なのは、水やりと追肥。

    プランターだと畑で育てるよりも土が乾きやすいので、天候によっては毎日水やりをしなくてはいけません。

    さらに、水やりでプランターの下から肥料が流れ出てしまうので、追肥もしっかり行って下さい。

    ・土

    ニンニクの植え付けに使う土は、市販の培養土がおすすめです。

    自分で土を作る際は【赤玉土7:腐葉土2.5:バーミキュライト1.5】と【用土10ℓ当たり10~20gの石灰と化成肥料を混ぜ合わせたもの】を使いましょう。

    ニンニクは過湿に弱いので、出来る限り水はけのよい土を選びましょう。

●ニンニクの育て方の注意点

ニンニクを植え付けてから育てていく中で、失敗の原因となるのは、主に病気です。

ニンニクは非常に病気にかかりやすいと言われており、プランターや畑に問わず、植え付け場所に関係なく、最悪の場合は収穫出来ないこともあります。

病気を防ぐためにも農薬を使用しましょう。

    ・農薬を使用するタイミング

    農薬を使用するタイミングは、2月下旬~3月がおすすめです。

    寒い時期は病気にかかりにくいニンニクですが、3~4月は病気にかかりやすく、実際に症状が出始めるのは5月頃。

    かかってからでは遅いので、未然に病気を防ぎましょう。

3.まとめ

ニンニクの植え付けは、気候や天候、病気などによって成功率が大きく変わります。

そのため、初心者が育てるには少々コツが必要です。

その代わり、収穫できたときの達成感は他の野菜よりも大きいので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!