映画版累(かさね)のあらすじやキャストを紹介!原作漫画も紹介!映画版の評判も調査!

この記事は3分で読めます

どうも!かずです!

今回は、映画【累(かさね)】についての記事を書いていきたいと思います!

映画『累かさね』は、イブニングで連載されている、松浦だるまの同名漫画を原作にしている作品です。

土屋太鳳芳根京子が、主演する映画で、9月7日に公開されます。

あらすじキャスト原作漫画の紹介ネタバレ前評判も調査していきたいと思います!

1.映画版累(かさね)のあらすじやキャストを紹介!

顔が入れ替わる”女優のサスペンスです。

まず、映画のあらすじから説明していきます!

主人公は伝説の女優の子である「淵累(ふちかさね)」です。

美しい母と違って類穂の醜い顔の累は、容姿に強いコンプレックスを持っていました。

容姿が原因で、クラスメイトからいじめを受けて来ました。

ある日、“キスをしたら容姿が入れ替わる”と言われる不思議な口紅を手に入れることになります。

口紅を手にしたは、美しい女性達と顔を入れ替えて行き、周りに正体を隠して、女優として大成します。

その一方で、トラブルに巻き込まれていくという、サスペンスストーリーです。

設定が面白く、展開も早いので見入ってしまう映画となっています!

入れ替わった相手の人の今後も気になるところですね!

ここからは、主演キャストの紹介をしていきます!

    ・土屋太鳳      「丹沢ニナ」 

    口紅の力によって、ニナの姿を手に入れた「累」です。

    ・芳根京子      「累(かさね)」

    美しい容姿を持つ「ニナ」とは違って、極めて醜い容姿を持つ女性です。

    ・横山 裕       「鳥合零太」

    ニナが女優を志すきっかけとなる新鋭の演出家の「烏合零太」です。
    ニナと累との恋愛関係になります。
     

    ・壇 れい       「淵透世」

    重要なキーパーソンとして登場するのが、累の母で伝説の女優「淵透世」です。

    ・浅野忠信       「羽生田新互」

    透世に心酔していて、累の協力者として立ち回る演出家の「羽生田新互」です。

2.原作漫画を紹介!

・原作漫画の作者は、松浦だるま です。

イブニングで連載されている漫画「累のかさね」です。

累計で発行部数は180万部を超える「」が、映画化される事になりました。

ここから、原作漫画のあらすじの紹介をしていきます!

海堂の手によって、淵透世は、芸術品のような女性に仕立て上げられた、「伝説の女性」と言われる様になって、プロポーズされます。

かつては、累のような醜い顔をしていました

結婚して生まれて来た子供は、この世のものとは思えない程、醜い容姿をしていました。

不審に思った海道は、探偵によって、真実を知ることになります。

海道は、透世を地下に隔離して、を、呼び戻します。

そして、を、川へ突き落としました。

の後を追って、自ら川に飛び込むのです。

羽生田は、1部始終を見ていました。

次の舞台は、主演はWキャストで、咲朱と五十嵐磯です。

無唐清稽な話と思いつつ、磯は「咲朱こそ累ではないか?」と疑念を強めるのです。

そのまま羽生田の前から姿を消します。

は、1度は身を投げ死のうと思いますが、母の最期の言葉「生きて」のひとことと、舞台への執念で思い留まりました。

が失踪して4か月。羽生田が累を見つけます。

そして、ここからまた話は加速していきます!

原作漫画においても、最終回が近いのではないか?とも噂されているので、気になった方は原作漫画も手に取ってみてはいかがでしょうか!

3.映画版累の評判を調査!

映画版の評判としては、

・原作を知らなくても、楽しめる映画だと思う。

・主演2人の演技力は、高かったです。

・最初の入れ替わりのシーンは、芳根京子の演技にゾッとしました。

・本当に顔だけ入れ替わったような演技だった。

・土屋太鳳の演技は良かった。

・ホラーの要素が強めに思った。

・映画だから味わえるゾッとする感じが良かった。

・残念な点は、口の傷以外は傷の前にも劣等感を持っていた。その部分の描写が弱かったと思う。

・子供時代の累が、最初に顔の入れ替えの場面は、変わったのが分かりにくかったです。

このような意見が挙げられていました!原作漫画がある作品では、酷評されることも多いですが、今作ではあまり否定的な意見は見られず、高評価しているコメントが多かったなという印象です!

劇場で見る価値のある映画であるということではないでしょうか!

4.まとめ

最近は、原作がある作品の実写化が、本当に多いです。

「脳内ポイズンベリー」や「ギサラギ」などの映画を手掛けた佐藤祐市さんが、監督を務めているということもあり、物語の展開の仕方がわかりやすいかなと思います!

脚本も原作を実写化される部分が上手く変更されていたり、抜粋されています。
菅野氏の音楽と良くマッチしているので、見ていて飽きない作品となっています!
是非、劇場でご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!