プーと大人になった僕のあらすじや声優を紹介!予告編が話題に? プーさんから学ぶ生き方を紹介!

この記事は3分で読めます

どうも!かずです!

今回は、実写版くまのプーさんについての記事を書いていきたいと思います!

時代を超えて、人々に愛される人気のキャラクター「くまのプーさん」が、実写映画化されます。

あらすじ声優を紹介した後、予告編が話題となっていましたのでそちらの紹介、そして、プーさんから学ぶ生き方を紹介していきたいと思います!

1.プーと大人になった僕のあらすじや声優を紹介!

プーと大人になった僕」は、9月14日から、映画が公開されます。

今回の映画のあらすじから紹介していきます!

原作者A・Aミルンの息子をモデルとした、クリストファ・ロビンは、思いやりがあって賢いプーの大親友で、仲間たちのリーダー的存在の少年だったのでした。

映画はそんな感動的な“別れ”のアニメ版のラストシーンから始まります。

30年後、仕事で追い込まれて、人生に迷うロビンの前にプーが登場します。

奇跡の再会”が、忘れかけていた「本当に大切な物」を思い出させてくれるのです。

かつてのリーダー的存在だった頃の自分を思い出していく姿を描く『ファンタジードラマ』となっています。

かつて「100歳になっても、君のとこは絶対に忘れない」と約束を交わしたプーと別れた少年ロビン。

歳月が流れて、大人になった彼は、愛する妻と娘とロンドンで生活しながら、旅行カバン会社のウインズロウ社で多忙な日々を送っています。

しかし、忙し過ぎて家族との約束も守ることが出来ず、思い悩んでいた前に、親友のプーが現れるのです。そこから話は一気に加速していきます。

続いて、主要な声優のキャスト紹介です。まずは、日本語版からです。

    ・クリストファー・ロビン   堺雅人(さかいまさと)
    ・プー            かぬか光明(みつあき)
    ・ティガー          玄田哲章(げんだてっしょう)
    ・イーヨー          石塚 勇(いしづかいさむ)
    ・ピグレット         小形満(おがたみつる)

          
続いて、字幕版です。

    ・クリストファー・ロビン   ユアン・マクレガー
    ・プー            ジム・カミングス
    ・ティガー          クリス・オダウド
    ・イーヨー          ブラッド・ギャレット
    ・ピグレット         ニック・モハメッド

2.予告編が話題に?

すっかりボロボロになってしまった」とショッキングな表情をしているクリストファー・ロビンに対して、プーは、「ひび割れてはいない。ちょっとシワはあるけど」と、マイペースで優しく話しかけます。

30年前のプーさんの物語は、単純です

朝起きると、その日の気分で楽しもうとするのですが、思い浮かんだことをしようとすると、ハプニングに見舞われてしまいます。

友達が来て、あれこれガヤガヤしながら問題を解決して、大好きなはちみつを食べるという、定番の流れがあります。

そうすると、眠くなって寝てしまいます。

毎回こんな感じですが、この単純さが見ていて和みますよね。

しかし、登場人物の言うことには、タオイズムに通じる深い意味があります。
以下の発言には、深い意味合いがあります。
これらの名言は、人生の生き方の良い参考になるのではないでしょうか?

次のセクションでひとつひとつ、見ていきたいと思います!

    ・① 「川はこのことを知っているよ。 急ぐ必要はないよ。
      僕たちは必ずいつかはそこに着けるんだ。」
     
    ② 「僕はからっぽの容れ物をもらうと嬉しい。だって色んなものが入れられるから。」 
    ③ 「僕が最も好きな事は、なにもしないことだ。」

3.プーさんから学ぶ生き方を紹介!

ひとつ前のセクションで紹介をした、それぞれの名言についての意味を汲み取ってみたいなと思います!

    ・①には、誰かより早く着こうとすると、本質からずれてしまい、何か大切な物を、置き去りにしてしまうことがあります。

    大切なのは自分のペースで、自分の道を歩いていくということです。

    詰め込むことだけではなく、心に空のスペースを作ることが大切な事です。

    ・②には、何もしなくて、のんびりとすることは、思っている以上に、心と体に良い影響を及ぼして、バランスを整えてくれます。

    物事を柔軟にとらえることが出来て、人に対して寛容になることが出来て、さらには心に余裕が持てるようになるでしょう。

    ・③には、うまく行っていると思っている時には成長は止まっていて、大変で辛いときには成長していたりするものです。

    どんなことも、逆もまた真なりと思える、心の器を作ることが必要です。

    それは知識を習得するだけでなく、心を広げる生き方を実践することです。

4.まとめ

日本では、アニメや漫画の実写版映画が数多く作られています。

原作が愛されていればいるほど、実写化のハードルは高いのですが、このハードルを飛び越えたのが、実写版くまのプーさんです。

あのプーさんが、動いて、喋っているのです。

動くプーさんのあまりの可愛らしさに絶句してしまうこと間違いなしです!

この映画は、あなたにとって、かけがえのない忘れられない1作になるでしょう。
是非、劇場でご覧になってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

こんにちは!
美里(みさと)と申します!

この度は、私のブログに遊びに来て頂きまして、ありがとうございます。

こちらのブログでは、私なりの健康法であったり、ダイエット法、などなど、より長生きをしていくための手助けをしていけたらと考えております!

様々な視点から、健康についてお伝えをさせて頂きますので、ブックマーク登録をして、常に記事をチェックしてみてください!!